経営方針

今日、日本はあらたなステージを迎えています。

複雑な現代社会においては、ITの分野、及びエレクトロニクス技術におきましても、 昨日までの技術が明日には陳腐化してしまうような、急激な変化が常態的に進行し続けております。 日々新しい技術が登場し、それを応用した画期的なビジネスモデルが誕生しています。

ITが果たすべき役割は、今後、現在にもまして重要なものになっていくでしょう。 システム開発の基盤となる、高度な開発領域での経験を重ねる中で、私たちが最も重視してきたものが技術力です。 実績による信頼性に加え、常に先端を捉える先見性で、お客様に最適な技術を提供することが私たちの使命だと考えております。 今後ともテクノロジーの活用に注力をはかりながら、卓越した技術力で情報化社会の発展に貢献して参ります。

一方、近年、AI(人工知能 : Artificial Intelligence)に見られるように、 人とコンピュータの関係性が急速に変貌しつつあります。 当社もAIを含め、「技術的優位性の確保」を推進して行くべきと考えております。

社員一人一人の能力を最大限に発揮できる風土を創りあげ、 個々の力を結集し、新たな価値を創造してお客様へ提供することにより、 お客様に喜んで頂けることを最大・最高の喜びとし、結果としてブランドの価値と、 企業の継続性に不可欠である収益性をも高めて参ります。

  • 経営理念